青汁大麦若葉の効果効能ガイド

青汁の原材料で人気の「大麦若葉」とは

青汁の原材料として人気の大麦若葉は、イネ科の植物で、大麦が穂をつける前の若葉です。これから穂をつけるための栄養素がギュッと凝縮されているため、さまざまな栄養素がバランス良く、豊富に含まれています。青汁の原材料といえば、ケールが有名です。しかし、流通している青汁の原材料としても、一番多く使われているのが、この大麦若葉なのです。穂よりも若い葉っぱには他の野菜よりも栄養価が高くすぐれた栄養素が詰まっていることから、青汁の原材料として多く使われるようになりました。青汁に加工しても独特の青臭さと苦み、クセがありません。ほのかに抹茶のような甘みがあるため、青汁を飲んでいることを思わず忘れてしまいそうになります。

大麦若葉に含まれる栄養素とその効果

大麦若葉に含まれている栄養素は、大きく分けると三つに分類できます。一つ目は鉄や亜鉛、カルシウムなどのミネラルです。私たち人間が日々の生活を送るために、ミネラルは必須の栄養素なのですが、食事から摂ることが難しい栄養素でもあります。この欠かせない大切なミネラルを、青汁からバランス良く摂取出来るのです。二つ目は、ビタミンです。ビタミンB類やコラーゲンの生成を促進するビタミンCが豊富です。歯や骨を強くしたり、肌を若々しく保ったりすることが出来ます。また、体の中に入るとβカロテンへと変化するビタミンAも含んでいるので、ウィルスや細菌から体を守る免疫力も高めてくれます。青汁を飲むことで風邪をひきにくくなったという人も多くいます。三つ目は抗酸化作用のあるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素です。あまり聞きなれない栄養素ですが、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病全般の改善に効果的です。また、強力な活性酸素除去作用があるため、肌代謝をアップさせ、肌老化を防ぎ、しみやそばかすなどの肌トラブルを改善してくれます。

大麦若葉の青汁は効果効能も豊富なので飲みやすさとともに人気が高まっているのです。動脈硬化や糖尿病、活性酵素除去などにおすすめなサプリメントは他に黒酢にんにくなどがあります。

大麦若葉が青汁の原材料として人気があるのはなぜ?

青汁の原材料として大麦若葉が人気なのは、豊富な栄養素はもちろんですが、飲みやすさも人気の理由の一つです。青汁は一回の服用や短期間の服用で、効果が得られるものではありません。継続して服用するからこそ効果が得られるものです。しかし、飲みにくく不味いと感じる青汁を飲んでいると、いつの間にか飲むのを止めてしまうこともあるでしょう。大麦若葉はビールなどの原材料としても使われているように、私たちの生活に馴染みの深い植物です。そのため、大麦若葉で作られた青汁はアクが少なく飲みやすい味になっているので続けやすく、リピートされやすいのです。野菜嫌いな人はもちろん、小さな子供でも飲みやすいのが人気の秘訣でしょう。

大麦若葉を使った青汁の選び方

大麦若葉を使った青汁は沢山販売されていますが、その中でもより良いものを選ばなければなりません。国産の質の高い大麦若葉を使っている青汁を厳選して選びましょう。ホームページなどを見ると、原材料で使われている大麦若葉の産地が記入されています。大麦若葉の産地として有名なのは、熊本県の阿蘇です。選ぶ際の一つのポイントとして覚えておきましょう。質の高い大麦若葉を使うことで、栄養価の高い青汁を作ることが出来ます。無農薬や有機栽培で育てられた大麦若葉を選ぶと、残留農薬などの心配をする必要もなくなるのです。大麦若葉以外の原材料にも注目しましょう。便秘解消を目的として飲むなら、食物繊維豊富なサポート成分が入っているものを、美容を目的として飲むなら、ビタミンや酵素などの栄養素が豊富なサポート成分が入っているものを。自分の目的に合った材料が含まれている青汁を選ぶとようにしましょう。

大麦若葉の青汁の特徴

青汁が一般に普及しはじめた頃、青汁の原材料と言えばケールが有名でした。しかし、青汁がブームになり、販売される種類が増えた近年では、大麦若葉が原材料の青汁も、ケールが原材料の青汁と肩を並べるほど、数が多くなってきています。原材料として、比較的安価での栽培が可能で、栽培がしやすいのも大麦若葉の青汁が普及した一つの要因です。

大麦の歴史

現在日本で栽培されている大麦品種は、二条大麦に似た野生品種が改良されたものです。この野生品種の大麦は、一万年前ごろからシリアからユーフラテス川にかけて栽培が行われていました。若葉ではなく、穂をつけた大麦は古代エジプトでパンを作るために広く使われた重要な穀物でしたが、小麦と比べてグルテンが少なく、使い方が限定されるため、徐々に主食では利用されなくなっていきます。醸造や飼料用が中心となっていくのです。日本では、奈良時代になってから大麦が各地で栽培されるようになりました。

大麦若葉の青汁の特徴

大麦若葉の青汁の特徴は、飲みやすい味でしょう。ほんのりと甘みがあり、青汁に加工されても独特の青臭さと苦みが少ないのが特徴です。抹茶のような風味があるため、お水で溶かしても青汁を飲んでいるという感覚はあまりありません。野菜嫌いの人や小さな子供、お年寄りでも飲みやすいため人気を集めています。ケールなど他の原材料で作られた青汁から、大麦若葉で作られた青汁に乗り換える人も多いです。

大麦若葉の持つ栄養素

ビタミンB群やビタミンC、E、βカロテンなどのビタミン類、カルシウムや鉄分、マグネシウムなどのミネラル、食物繊維が豊富です。また、大麦若葉にはSOD酵素という極めて珍しい酵素も栄養素として含まれています。麦の若葉を触ったことがある人ならご存知かと思いますが、若葉は硬いものです。あの硬さは食物繊維が豊富な証拠なのです。SOD酵素は、体内の活性酸素を除去する作用を持つ酵素です。食事から摂取することの難しい栄養素で、体の中の若々しさを保ったり、病気になりにくくしてくれたりと、嬉しい効果が沢山得られる栄養素です。SOD酵素を含んでいることは、大麦若葉の特徴とも言えます。βカロテンは体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは目の健康に働きかけてくれる栄養素です。パソコンやスマートフォンが普及し、眼精疲労に悩む人が増えています。目の疲れや違和感を日常的に感じている人にも効果的です。

大麦若葉が原材料の青汁がおすすめな人

大麦若葉の青汁は、慢性的に野菜不足な人や便秘に悩んでいる人、病気のリスクを回避したい人、若々しい体を保ちたい人におすすめです。大麦若葉の特徴である食物繊維の豊富さは、他の原材料の青汁に勝っています。便秘解消のために青汁を飲む場合は、大麦若葉が原材料の青汁を選ぶと効果を早く実感出来ます。また、大麦若葉に含まれるSOD酵素は他の青汁では摂取出来ない栄養素です。最近では、SOD酵素は化粧品に配合されることもあるほど、注目の酵素です。体内で発生してしまった活性酸素を放っておくと、シワやたるみの原因になってしまいます。肌だけでなく、体を錆びつかせてしまうため、疲れやすくなったり、病気になりやすくなったりしてしまうのです。体をいつまでも若く、健康な状態に保ちたい人は、大麦若葉の青汁を選ぶと良いでしょう。

青汁はあくまでも健康補助のために飲むものです。普段から食生活のバランスや規則正しい生活心がけることで、より青汁の持つ健康効果を実感しやすくなるのを忘れないようにしましょう。また、一回飲んだからといって、青汁の効果が実感できるわけではありません。継続して飲むことが健康や美容のためだということも忘れないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>